季節の変わり目!☆美肌を作る、日焼け止め選びの豆知識☆

shutterstock_141479665

 

朝晩と涼しくなってきましたね!

今回は、夏の暑い時だけ日焼け止めを塗っていると言うお客様が

非常に多いので、紫外線から皆様のお肌を守る為に、紫外線の怖さ、日焼け止めに対する豆知識をお知らせ致します☆☆☆

紫外線には2種類あって

 

●日焼けの原因●

肌を赤くする紫外線B波 UVB

(波長が短く、エネルギーが強い) 

↓ ↓ ↓   

短時間でヒリヒリする日焼けを引き起こし、

表皮の細胞を殺してしまいます。死んだ細胞は、表皮細胞が正常なライフサイクルを

回復するまで、ゴワゴワのまましばらく肌の表面にとどまっています。

肌が赤くなり皮がむけるような真夏の日焼けは、このUVBによるものです。

 

 

●肌老化の原因●

肌の奥まで届く紫外線A波 UVA→

(波長が長く、肌の土台を破壊していく)  

↓ ↓ ↓   

一見、たいした日焼けを引き起こさないようにみえますが、

実は表皮を通過して真皮まで届き、真皮内の組織をジワジワと破壊してしまい、

2度と回復出来ない肌の老化を招きます。(コラーゲン、エラスチンを変性、しみ、しわ、たるみなどの原因)

最近は、急激に日焼けするUVBよりジワジワとやけるUVAのほうが、肌に対する害が大きいのでは

ないかと言われています。

UVAはガラスも通過するので、窓越しの日光にも十分な注意が必要です。

UVAは季節問わず1年中降り注ぎ、そのうちの約半分が紫外線量がとても多いという、

世の中の女性を悩ませる恐ろしい紫外線なのです!

 

このように、紫外線は単にメラニン色素を増やすだけでなく、細胞のライフサイクルを狂わせたり、真皮組織を破壊したりして肌の老化を早めてしまいます。

本当なら時間とともに消えていくべき日焼けも、回復力の弱い老化した肌ではシミになりがちです。

紫外線こそシミの最大の敵です。

 

怖いですよね!!!

けれど大丈夫です。今日から正しい知識でお肌を守ってあげれば!

●今日からチェック●

日焼け止めでUVAを防ぐには→「PA」値をチェック!→(皮膚が黒くなるのを防ぐ強さ)を+の記号が付いていて4段階で表しています。

+の高さがUVAに対する効果の高さを示します。

■春夏以外でもそこそこ降り注いでいる。

 

日焼け止めでUVBを防ぐには→「SPF」値をチェック!→(どれだけの紫外線量を受け止める事ができるか)という強さを数値で表しています。

何も塗ってなくて肌が赤くなった状態をスタートだとすると、SPF10なら、その10倍の紫外線の量を受けとめれると言う事になります。

だから単純に比較すると、「SPF10」と「SPF50」では50倍紫外線を受け止めてくれる量が違うということになります。

ということは、SPFの数値が大きいほど

■強い日差しから守ってくれる

■持続時間が長い

■赤くなりにくい

こういう効果が期待できるんです。

日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。

山・海・散歩、行く場所によってもSPFの使い分け、こまめに塗り治すといいでしょう。

美肌への近道☆☆☆

 

 

お悩み改善サロン 「キュアトリエ」

「髪のお悩み」「肌お悩み」「身体お悩み」
でお困りでしたらぜひご相談ください!!

髪・肌・身体のお悩み改善サロン
Curetelier FBページで情報も発信しております 

Cretelier FBページ

キュアトリエは
【美容室】
医師推薦 髪の病院サロン
安心で安全をコンセプトに 5年後、10年後の髪もキレイを追求しています

髪や頭皮へのいたわりは未来のキレイに直結しています。
今のキレイができるということは=予防美容とも繋がっております

【エステ】
今ある現状だけではなく、体質改善を行いながらの施術になります。
対処療法ではなく根源から改善していくということ。
なので結果が出やすいとお客様からもうれしいお声いただいております。

「セルライトゼロ」「蘇生石特殊加工 岩盤ベッド」「クリスティーナ」「ハイブリッド」
取り扱い店です

関連記事